高確率で避妊ができるアイピルについて

毎回ゴムをつけてセックスしてるから、わざわざ避妊薬なんて使う必要はない。
このように避妊を軽く考えている若者は少なくありません。
確かにゴムを装着してセックスをすれば、普通はそれで妊娠を避けられます。
しかし、ゴムによる避妊が失敗したときのことは考えたことがおありでしょうか?
例えば、行為中にゴムが破れてしまったら、それによって妊娠してしまうことは十分考えられます。
現に、ゴムによる避妊の失敗事例はとても多く、そのために望まない妊娠を経験してしまう女性が少なくないのです。
したがって、妊娠を避ける方法については、もっと確率の高い方法についても考えておかなければなりません。
例えば、アイピルはその点でとても有効な避妊薬といえます。
避妊薬はいろいろありますがアイピルはその中でも屈指、なんと避妊失敗から24時間以内に服用すれば、実に95パーセントの高確率で妊娠を避けることができるのです。
服用が遅れればその効果は落ちていきますが、それでも25時間から48時間以内の服用で85パーセント、49時間から72時間の服用でも58パーセントの高確率で妊娠を避けることができるといわれています。
ちなみに、アイピルは決していかがわし薬ではなく、その効果がちゃんと研究論文の形で発表されている、公に認められた薬です。
ですから、信頼性や安全性についても不安のない薬だといえます。
すでに述べたように、コンドームだけでは何かがあるか分からないので、避妊方法としては不十分です。
逆に、かなり高い確率で妊娠が避けられるアイピルを使用することによって、望まない妊娠を確実に避けることができます。
特に絶対に妊娠を避けたいと思ってるカップルには、この薬を一つ携帯しておくことをお勧めします。