避妊薬使用時は喫煙を避ける

一般的な避妊薬は、単にピルとよばれることもありますが、生理がはじまったときを基準にして服用を開始し、以後1錠ずつ、毎日決まった時間帯に服用することによって、計画的に避妊をするという効果があらわれる医薬品です。
このような避妊薬のなかには、女性ホルモンと同様の作用がある合成物質が含まれていますので、血液中でのホルモンの濃度を保つことによって、女性の体内での排卵や着床を防止し、服用している期間中は妊娠ができないようにするのです。
この避妊薬の成分、なかでも卵胞ホルモンの作用をする成分については、避妊に効果がある反面、服用したときの副作用にもきわめて関連しているといわれています。
ありがちな副作用としては、吐き気、嘔吐、下腹部痛、頭痛、胸が張る感覚、不正出血などが挙げられ、基本的には数週間から1か月程度で体が慣れてくれば解消されるものとされています。
そのほかの副作用として、避妊薬が血液のかたまりをつくりやすく、それが血管内に詰まって血栓症になるおそれがあることが挙げられていますが、この血栓症になりやすい人の特徴として、35歳以上で、1日に15本以上のタバコを吸っているヘビースモーカーがあります。
こうしたヘビースモーカーには病院では避妊薬を処方しないのが普通ですが、現在は海外通販などで避妊薬を入手するケースも増えており、通販では医師の詳しい説明もありませんので、みずからこうした事項に注意して、喫煙を避けるなどしなければなりません。
いっぽう、避妊薬のなかには、他の方法で避妊に失敗したときだけ服用する緊急避妊薬があり、アイピルなどの銘柄が有名で、こちらも海外通販で取り寄せている人がいます。このアイピルについては、一時的な服用のため、特に喫煙についての制限事項はないようです。そうはいっても、アイピルの成分もやはり女性ホルモンですので、念のため喫煙は控えるのが望ましいでしょう。