緊急時にアイピルを!豆乳でエストロゲンをコントロール

アイピルは、モーニングアフターピルと呼ばれるもので、緊急避妊用として使用される医薬品です。性行為中に避妊を失敗してしまったり、望まない性行により妊娠の不安がある場合等でも24時間以内に服用すれば、9割以上の確率で避妊が期待できます。通常のピルは毎日飲む必要があり、飲み忘れや費用の問題がありますが、アイピルはその日だけ飲めば避妊ができます。しかし緊急用なので、アイピルを毎日服用することはできません。アイピルはインターネット等で手軽に購入することができますが、手元に届くまでに日数がかかります。アイピルは性行為後24時間以内に服用が必要なため、あらかじめ購入しておくと安心できます。女性だけでなく、男性も携帯しておくと万が一の時に備えられます。一方で、豆乳が女性ホルモンに良く似ているということを、誰しも聞いたことがあるのではないでしょうか。豆乳を飲むことで、生理が規則的になったり、生理痛が和らいだりします。なぜそのようなことが起こるのかというと、女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があるのですが、大豆に含まれるイソフラボンがエストロゲンの構造に良く似ているので、豆乳を飲むことでエストロゲンが増えたと体が感じて生理に影響を与えているのです。なので、上手に豆乳を飲むことによって生理周期を規則正しく管理することができるのです。1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値は、70~75mgとなっています。コップ1杯の豆乳で一日分の摂取量の半分から7割の大豆イソフラボンを摂取できるのです。豆乳を飲んで生理を規則正しく管理し、排卵日を正しく知ることができるので、その結果望まない妊娠を避けることができるのです。