排卵出血か消退出血かの判断

性行為の際に避妊に失敗して、その後に海外通販で購入したアイピルのような緊急避妊ピルを服用した場合には、早い人であれば服用から3日後くらい、遅くとも3週間ほどもあれば、通常の生理と同じか、それよりもやや少ない程度の量の出血が起きることになります。通販では説明もなくとまどうことと思いますが、これは「消退出血」と呼ばれる現象で、アイピルによって受精卵が着床する前に子宮内膜の組織が剥がれて体外へと排出されたために生じたものです。
通常の生理も、実際のところは着床を待って厚くなった子宮内膜の組織が、一定の期間を迎えても受精卵の着床がなかったので自然と剥がれて排出されたものですので、ほぼ似たような現象であるといえます。ただし、通常の生理はこれとは別に起きることから、わざわざアイピルの有効成分によって起こった出血だけを「消退出血」という名前で呼んでいるものです。
いっぽう、自然な状態であっても、生理と生理の間に出血が起きることもあります。女性は生理後ほぼ2週間程度で排卵の時期を迎えますが、この排卵にともなって起きるのが「排卵出血」と呼ばれるものです。
通常の生理に比べると出血量は少なく、数日もあれば止まってしまうというのが一般的で、場合によっては排卵痛があることもあります。基礎体温を計測している女性であれば、低温期から高温期の変わり目に位置するということでわかります。
ただし、アイピルを服用した時期によっては、「排卵出血」と「消退出血」の時期が重なってしまうことがあり、判断がつきにくいというのも事実です。もし不安がある場合は、通販で購入したアイピルを持って産婦人科を受診し、妊娠検査をしてもらうか、または市販の妊娠検査薬などでチェックしてみることが大切です。