アイピルなどのアフターピルを服用する際の注意点

アイピルはアフターピルの1つです。アイピルはジェネリック医薬品ですから、求めやすい価格で手に入れることができます。コンドームで避妊をしていても、途中で破れてしまうことが起きれば避妊効果がありません。望まない妊娠をする可能性が少しでもあるときは、アフターピルの服用をするようにしましょう。性交後、アフターピルを早く服用すればするほど、妊娠を回避できる確率が高くなります。またアフターピルには生理周期を調整できる効果があります。ホルモンバランスを整える作用があるため、生理周期が乱れたときや、生理を遅らせたいときに、服用することで効果を出すことができます。ただ、アイピルなどのアフターピルを服用するときは、いくつかの注意点があります。アフターピルは血栓症になりやすいという傾向があります。血栓症で起こる初期症状は、ふくらはぎの痛みやむくみ、脚のしびれなどがあります。そのほかに激しい胸の痛みや息切れ、激しい頭痛やめまい、貧血を引き起こす場合がありますので、これらの症状が見られた場合は、すぐに服用を中断して、専門医に相談して検査を受けるようにしましょう。また、アフターピルを服用するから、避妊をする必要がないと判断してコンドームなどを使用しないということはやめましょう。コンドームは性病の予防にもなりますし、お互いの避妊に対する意識を高めることができます。さらにピルの注意点として、アフターピルは妊娠回避率が100パーセントではありません。避妊できる確率が高いことは間違いないですが、100パーセントではありませんから、普段からしっかり避妊を心がけましょう。望まない妊娠をすれば、精神的にも身体的にも負担が多くなります。これらの注意点を踏まえて、ピルを賢く使用しましょう。