アイピルでの避妊効果、その後の内診と避妊リングの活用

アイピルとは緊急避妊薬の一つで、性行為中の避妊が失敗したり、望まぬ性行為があったときに緊急的に使用する避妊薬です。通常、性行為があった72時間以内に服用することで高い避妊効果が得られます。服用時間が早ければ早いほど避妊率も高くなるので、性行為後どれだけ早く対応ができるのかがカギとなってきます。
アイピルの避妊率は服用が性行為の24時間以内で95%、72時間以内で75%です。決して完璧な避妊効果が得られるわけではないので、個別の避妊対策が必要になってくるのです。
アイピルの服用をきっかけに避妊リングなどの避妊対策に挑戦する人も中にはいます。避妊リングは子宮口に直接特殊な器具を装着していくことで、受精卵の着床を防いでいきます。避妊リングは一度入れると年に1,2回の内診、定期健診だけで対応が可能なので、低用量ピルを服用するよりもその手間を省くことが出来ます。器具の装着時に人によっては軽い痛みを感じる場合があるようですが、これも出産経験のある人であれば傾向としてあまり痛みを感じないようです。
避妊リングは通常、産婦人科や婦人科などの専門の医療機関で装着することができ、月経が終わって出来るだけ早い段階で装着がベストとされています。装着には内診が必要になりますが、アイピルを服用後の生理の直後であれば、タイムログなしに避妊効果を得ることが出来ます。アイピル服用後、妊娠をしていないと確認ができた後、そして生理が完全に終わったことを確認できれば婦人科や産婦人科などの診察、内診を受けていきましょう。その際に、緊急避妊薬を使用したこと、より確実な避妊方法を試していきたいという旨を伝えておけばよりスムーズにことは進みます。